日本伝統文化 ~ 茶道 ~

日本伝統文化を楽しむ

茶 道

利休七則

一.茶は服のよきように点て
二.炭は湯の沸くように置き
三.夏は涼しく冬は暖かに
四.花は野にあるように
五.刻限は早めに
六.降らずとも雨の用意
七.相客に心せよ

「魂と心のお茶室」は、茶道を通して、先人の知恵に学び、自然に沿った生き方を学ぶ大切な時間です。
季節を感じながら、心静かに一服いただくひととき。相手を思いやり、楽しみを分かち合い、お互いを応援し合う喜び。そんな一期一会をお楽しみください。

魂と心のお茶室

茶道と聞くと…

私には敷居が高くてとても近づけないです…
そんな会話がよく聞こえて来ます。

日本人の礼節の姿を一番美しく表現するのは、
茶道にあると思うのです。

正座をして、姿勢を正して作法を楽しみながらお抹茶を頂く…
その茶室という特別な空間で、日常を離れて過ごす価値観の中には、
水が流れる音や、客人を丁寧にもてなす真剣な姿、
お互いを思いやる心を大切にする志があります。

そこに日本人として最高に美しい姿があると思うのです。

自然を思いゆったりと頂ける一服の幸せ…
その生かされて瞬間にどれほどの思いを感じているでしょうか?

私達は沢山の食べ物を自然界から頂いて来ました。
生きるとは、命を頂くという事…

生き物の命を頂く事で、自分の命が存在できているその感謝がどれほどあるでしょうか?
どれ程の生かされている価値観を感じているでしょうか?

もしも、不満がある、イライラするなどマイナス感情が湧き上がるという方がおられましたら…
お茶一服差し上げます〜とお点前させて頂きます。

その命の『お陰さま』を考える時間をお勧め致します。

私達の『魂と心のお茶室』は、自然界に沿った生き方を学ぶ大切な時間です。

presented by Hiroyo Ogawa

楽しむことから始まる

魂と心を美しく磨き整える、特別なお茶室

分かち合い

梶 充恵

2002年より表千家の茶道を学び
2009年に自然の力に出会い
今も学びを楽しみつつ
伝統文化を通し、自然に沿った
大切な心を伝える活動中

2020年1月より
お茶の分かち合いをスタート
とにかく楽しい!が伝わるお茶室が好評

何もわからないところからでも、誰もが始められる
初心者から安心して楽しく学べる空間と仲間
姫路・京都・鳥取など、各地でのお茶室を開催中

PAGE TOP